工法紹介 Way of Construction

非破壊検査

 非破壊検査とは、対象物のコンクリート内部を破壊することなく、埋設物の有無や位置を検出する検査方法です。

 

 コンクリート構造物内部の埋設管やケーブル配線、配筋位置などを事前に調査を行い、それら埋設物に損傷を与えないで、穴あけやアンカー打設などが確実に行えます。

 

検査方法は、エックス線照射によるものと電磁波放射によるものがあります。

 

エックス線探査

 工業用エックス線装置を用い、鉄筋コンクリートの壁や床を撮影し、フィルムに造影することで鉄筋はもとより通信用ケーブル・電気・ガスの配管の有無や位置を確認することができます。

改修工事などでは既設配管などを損傷させないために、事前探査として幅広く活躍しています。

 

コンクリート厚さ350mmまでの探査が可能です。

但し、300mmを超える場合は透過線量が弱く撮影フィルムでの判定が困難な場合があります。

 

【用途】

病院・銀行関連・オフィスビルなどの改修工事

 

【床エックス線探査状況】

 

【エックス線撮影フィルム】

 

【壁エックス線探査状況】

RCレーダー探査

 電磁波を用い、コンクリート表面から300mm程度までの鉄筋位置やその深さを探査することができます。

 

電磁波をコンクリートに向けて放射し、その電磁波がコンクリートと電気的性質の異なる物質(配管、鉄筋、空洞などの反射物体)との境界面で反射され、受信アンテナに到達するまでの時間から反射物体までの距離を計測します。水平面上の位置は、アンテナをコンクリート表面で移動することにより計測します。

 

【用途】

ビル改修工事・耐震補強工事など

 

【RCレーダー探査状況】

 

 

【RCレーダー測定原理図】

 

 

 

【RCレーダー測定処理データ】